3月丸沼高原スキー場スノボ記録

初めて平日に一人でスノボに行ってきたので備忘録がてら記録に残そうと思う。

今回行った丸沼高原スキー場は、群馬県の中でも栃木県との県境の金精峠にほど近いスキー場。ベースでも1400mほどあり雪は多い。関東のスキー場ではいち早くオープンし、クローズも5月と遅い。

その一方で沼田、尾瀬地区では一番奥にあるため国道120号を延々と県境付近まで走ることになる。直前数kmは上りもきつく、降雪した翌日はスタックする車もおおいのではないだろうか。その点で丸沼に来るのは滑り始めか滑り納め、という人も多いらしい。

自分は群馬県に住んでおり、アクセスは都内の人に比べれば相当恵まれているし、高速を使えば沼田ICまで30分ほどで到達できることから、あまり遠いというデメリットは問題にならなかった。

丸沼は以前から行きたかったゲレンデの一つだった。標高が高く雪質が良いこと、ゴンドラがあり滑走距離が長く取れることがその理由で、草津国際スキー場のゴンドラなき今、群馬県では数少ないゴンドラのあるスキー場である。

ゴンドラは8:30からなので余裕を持ち6:10頃出発。下道であれば間に合わないが高速を使ったので1時間30分ほどで着いた。駐車場もいい場所を確保でき、周囲を散策する時間もあった。手前のゴルフのホイールがかっこいい。群馬ナンバーはあまりおらず東京、神奈川、千葉あたりが多かった。遠くからご苦労様です。スキースノボが趣味なら所沢辺りに住めば便利ですね。

f:id:Sideroad:20180308212056j:plain

自分は下手っぴボーダーでカービング練習中なので、下の囲ったところを多く滑った。

概して3月とは思えないほど雪質はよかったが、ゴンドラが風により速度規制がかかっており、あまり数はこなせなかったし、上州の山々を拝むこともできなかった。

気温も低かったので雪はシャバシャにならずひたすらカービングの練習ができました。

第7リフトはいまどき珍しいシングルリフトだったらしいが知らずに拝むことができず。

f:id:Sideroad:20180308222206j:plain

 

 

第5リフトからの風景。ここのバーンが気持ちよかった。滑る→上手い人を見て勉強、という流れ。カービングは難しい。高速のペアリフトって珍しい。

f:id:Sideroad:20180308212100j:plain

帰りがけに撮った写真。道路は国道120号線で丸沼高原以東は通行止め。日光→沼田と抜けるドライブロードでシーズンにはバイクで賑わう。f:id:Sideroad:20180308212059j:plain

今シーズンは今日の丸沼と川場、菅平に行ったがすべてこのタイプのICチケットだった。調べてみたところオーストリアに本社のあるSKIDATAという会社のものらしい。

昔のICチケットといえば反応が悪くゲートに擦り付けないと反応しないのが普通だったが、これは60cmほど離しても大丈夫なほど反応がいい。

このシリーズかっこいいからコレクションしようかな。志賀高原とかもこのタイプらしい。チケットホルダーで毎度見せる必要が無いのでとても便利。

f:id:Sideroad:20180308221937j:plain

総論として丸沼高原スキー場は①群馬県民であれば湯沢地区よりアクセスが良い②標高が高く雪質が良い③滑走距離が長く取れる という3点でとてもいいスキー場だと思った。来シーズンまた行こうと思います。

中古スタッドレス(4年落ち)の購入とサマータイヤの雪上での使用について

いま住んでいる群馬県は冬のアウトドア環境が充実しているので、今年こそは雪道ドライブをしたいと思って、中古でスタッドレスタイヤを購入した。

f:id:Sideroad:20180202211942j:plain

この写真じゃわからないけど、銘柄はダンロップWINTER MAXX WM01、山もかなり残っていて殆ど使っていなかった感じ。ヤフオクで2万円ほどで落札した。

■ 使用感について

乾燥路においてはサマータイヤとそんなに違いがわからない。というのも4年落ちということもあり、かなりゴムは硬化しているからだと思う。ダンロップはBS、ヨコハマに比べると新品でも硬めらしい。わざと急ブレーキをかけるなどいやらしい実験もしたが、圧雪路を走る上では発進、停止とも全く問題ない。とはいえ長い下り坂や凍結路ではヒヤヒヤする

 

■そもそも論

車に興味がない人にとってはサマータイヤとスタッドレスタイヤでそんなに違いがあるとは考えられないと思う。サマータイヤとはいえ溝はあるわけだし、素材の違いだけで走る、停まるに関してそんなに変わらないのでは?と。自分もそう思ってました。

しかし、今日家の近くでこんな事故を見た。

f:id:Sideroad:20180202212736j:plain車の悪路走破力は最低地上高と駆動方式に大きく依存するが、その観点で言えばかつてラリーも制したアウディの四輪駆動のSUVであれば雪道は問題ないように思えるが、この車が履いていたのはサマータイヤ。裏道のカーブを曲がりきれず、民家にぶつかってしまったようだ。オイルを辺り一面に撒き散らしながら写真の空き地に放置されていた。インチ数が大きくスタッドレスをケチったのだろうが、かなり高い勉強代ですな。

スタッドレスタイヤが一般的に使われるようになったのはここ20年ほどだけど、スタッドレスタイヤの性能向上に感謝しないといけないですね。

スコッチ・グレイン 匠シリーズ(H9046)購入

久しぶりに記事を書いてみる。

今日はあまりにすることがなく、前々から興味のあったスコッチ・グレインのアウトレットに行ってきた。

スコッチ・グレインの佐野のアウトレット店が定期的にこんなツイートで物欲をそそってくる。近くに住んでいながら佐野のアウトレットに行ったことがないので暇つぶしで行ってくるか…と出発。

 

 

 

買ったのはこれ、HA9046 の24 1/2 Eサイズ。上のリンクと同じものだろうか。

店員さんの手際がとても良く、足型の計測→サイズのある商品を持ってくる→試着→購入までの流れがスムーズだった。ありゃ買っちゃいますな…

 

スタバで開封の儀。美しい… 

HA9046の「A」はフランスのアノネイ社のレザーを使っていますよ、ということらしい。よくわからないけどとっても綺麗。

f:id:Sideroad:20180128210029j:plain

いかにもグッドイヤーウェルトな靴底。まぁすぐに削れるんだけど…

f:id:Sideroad:20180128210248j:plain

 

これはアウトレット専門ラインの匠シリーズというやつなんだけど、通常店舗ではオデッサシリーズとして中・上級ラインで売られてるやつと木型は同じらしい。んで、アウトレットなので見習いさんが作ってたり、革の傷があったりするらしい。とはいえ素人目にはまずわからないので(どうせ使っていれば傷つくし…)これが28,000円+税、今回はセール期間中で10%オフなので税込みで30,000円切り。コスパはかなりいいと思う。

 社会人5年目ともなると流石に革靴の数も増えてきた。 REGAL4足、ジャラン・スリウァヤ1足、スコッチ・グレイン2足の7足体制。週5日出勤なのに。

 

定期的に育成の様子を上げていきたいと思います。

 

 

 

春のツーリングについて考える

ツーリング行きたいなぁ。諏訪から浜松まで国道152で抜けていきたい。4月ごろに冬季閉鎖が解除されるから、そこでキャンプしながら行きたい。

今日も水泳。今日は調子よく1100mを18分。だいぶペースも上がってきて、50s/50mで泳ぐことが苦でなくなってきた。

練習方法は、壁際のスポーツタイマーで60s/50mのペースからどれだけ短い時間、距離で4分(240秒)稼げるかというかなり特殊な方法で練習している。60s/50mという趣味スイマーなら普通なラップタイムで泳いでいるといつまでも終わらず、早く泳ぎ終わるには早く泳ぎきらなければならないという方法である。昔は30分くらいかけて泳いでいたが、ついに18分で泳げるようになった。それ自体は喜ばしいのだが、一回の練習で1100mしか泳がないというのはいまいちやりがいがないので、5分(300秒)稼ぐ、という方法にメニューを変えていこうかな。

あと、最初の50mは40秒くらいで泳げるのだが、そこから53秒/50mくらいのペースになってしまうので、45秒/50mくらいで泳ぎ続けられるようにしたい。

なにかチームとかに所属すれば張り合いを持って練習できるのかなー。一人だと限界があるように思える。 

3月12日 秩父、山梨、奥多摩プチツーリング

土日晴れ、ということで昨日に飽き足らず今日もツーリングに行ってきた。雁坂峠を抜け山梨方面に行こうと思っていたのだが、そこからR141で野辺山、佐久と抜けて帰るか、はたまたR411大菩薩ラインを抜けて帰るかは決めておらず、路面状況をみつつ決めようかというテキトーな感じでスタートした。ソロツーはあまり計画しないタイプである。

とりあえず朝7時に起床、頭が痒くなるのでシャンプー。ヘルメットをかぶったとき痒くなる対策はこれしかないのだろうか。他の人は自分ほど痒くならないのかどうかわからないが、自分はかなり痒くなる方で、痒すぎて運転に集中できず、せっかく出てきても途中で帰ってしまったりするくらいである。

3回入念に頭の脂を落とし、プロテクターなど色々準備して7時半頃に出発、冬のツーリングは早く出過ぎると路面凍結→転倒のリスクがあるので、このくらいがちょうどいいと思う。

群馬県内を抜け、秩父界隈へ。国道沿いのセーブオンで休憩し、いつもの大きなおにぎり2つで栄養補給したのち、彩甲斐街道を山梨方面へ。あまりバイクは多くない。まだ冬眠中か、そうでなくても芦ヶ久保あたりで折り返すのだろうか。雁坂トンネル方面に進んだところで、秩父鉄道の終点の三峰口駅の標識があったので、寄り道。

f:id:Sideroad:20170312190021j:plain

かなり渋い感じの駅。関東の駅100選らしい。

f:id:Sideroad:20170312190351j:plain

懐かしい感じのする物理ボタン式の券売機。ボタンの押し心地が好きだった。

f:id:Sideroad:20170312190214j:plain

本数はそこそこあるが、昼間は影森駅止まりが多く、熊谷方面に出るには乗り換えが必要。途中で2ドアの優等車両が来たが、乗客は多くはなかった。

国道に戻り、ループ橋で有名な雷電廿六木橋、滝山ダムを抜けつつ、テンションを上げながら雁坂峠方面へ。気温は5度ないくらいで凍結のリスクもあるため、注意しながら走る。

f:id:Sideroad:20170312190829j:plain

雁坂峠だが、日本三大峠の一つらしい。(他2つは北アルプス越えの針ノ木峠南アルプス越えの三伏峠))平成10年に開通するまでは舗装路が途切れる点線国道であり、便所小屋を突っ切るという「便所国道」なんてのもあったらしい。雁坂トンネルは日本で一番長い一般国道山岳トンネルらしい。山梨から秩父、群馬に抜けるには一番近道であり、昔から交通の要所であったらしい。有難く利用させて頂く。

山梨側に抜け、「道の駅みとみ」を通過すると、凍ったダム湖が。広瀬ダムというらしい。ロックフィルダムであり、石で水がせき止めてある。きれいだったので一枚。

f:id:Sideroad:20170312190639j:plain

燃料警告灯が点いてしまったので、塩山市街地に向け寄り道せずに降りていく。MT-07はタンク容量が13lあり、前に給油してから200kmも走ってないはずなんだけど、どうも心配症な気がする。実際に給油したら10lも入らなかった。

「道の駅まきおか」でR140から外れ、フルーツライン方面へ。山梨県の果樹園の多さは中学受験でよく勉強した記憶が。「扇状地が多く水はけがよく…」のくだりである。

ちょっと待てよ、水はけがよかったら水が得にくく、むしろ果樹の栽培に適してないのでは…?と思い調べてみたら、果樹を育てるのには水があまりない方が甘みが得られていいらしい。(まぁ稲作に不適だから仕方なく果樹を栽培し始めた、というのが実情な気がするが。)確かにオレンジとかオリーブを多く栽培する地中海はそんなに雨降らないですね。

f:id:Sideroad:20170312190840j:plain

景色が良かったのでパチリ

f:id:Sideroad:20170312191008j:plain

 「フルーツライン」は広域農道らしい。愛称のある広域農道はいい道、というのはライダーの共通認識だと思う。すぐにR411と合流し、大菩薩峠に向け標高を上げていく。

f:id:Sideroad:20170312200523j:plain

振り返ると冠雪した山々が。きれいな山々を拝めるのは春のツーリングの醍醐味といえる。

f:id:Sideroad:20170312200719j:plain

棚田。さっきの話で言うと水はけがよく、田んぼ一枚あたりの収量もすくなく、稲作には不適な場所に思えるが、先祖から受け継ぐ田んぼを守っているのかな。※もしかしたら畑かも…

景色がよく、交通量も少ないのでとても気持ちがよく、お気に入りルートに追加。ただ対向車線(東京→山梨)の日陰には雪も残っていたので、まだシーズンには早いかもしれない。

f:id:Sideroad:20170312201224j:plain

しばらく走り、「道の駅たばやま」にて休憩。こじんまりとした道の駅だった。

丹波山村への公共交通は補助金を受けて運行する奥多摩駅からのバスくらいしかなく、甲府側からのアクセスはないらしい。山梨県なのにほぼ奥多摩の延長のような感じなのか。

奥多摩セブンイレブンで半壊(ウィンカーはぶら下がり、カウルもほぼ割れてる)NSRがいたのが印象的だった。ライダーの服も破れていたが特に怪我している様子でもなく、世捨て人のような感じだった。青梅を抜け、圏央道で群馬へ。圏央道は便利だねぇ・・・

今回のルートはこんな感じ

 3月12日 秩父、山梨、奥多摩プチツーリング

 

いつもの敷島公園に立ち寄り、1400mを20分という前回と変わらないペースで泳ぎ、帰宅。 お疲れ様でした。R411という初の道に行けたのが収穫でした。次はどこに行こうかな。

水泳日記と群馬プチツーリング

平日の穴掘って埋めるような仕事が終わり、待ちに待った休日である。休日をどう有意義に過ごせるかというのは、金曜日の退勤あとからどれだけアクティブに動けるかにかかっていると思うが、午後6時に仕事を振ってくるクソ上司のせいで、あまり早く帰れなかったことが心残りである。

 

今日は7時頃起床し、11時頃まで洗濯やゴロゴロ二度寝、そこからamazonの荷物が届いたので久しぶりに電車の写真を撮りに行った。家からすぐそばのいわゆる「イノシン」である。

鉄道趣味との関わりを考えてみると、11歳で地元の私鉄、相模鉄道にこれまでの直角カルダン、自動窓という相鉄の伝統を捨てたE231ベースの走るんです10000系(↓)が導入されたこと、

f:id:Sideroad:20170311215335j:plain

6000系(↓)のさよなら運転あたり

f:id:Sideroad:20170311215343j:plain

このへんがきっかけとなり、踏み込んでいったと思う。それこそ中学生の頃は鉄道研究部というよくわからない部活に所属し北海道から九州まで日本中の鉄道の写真を撮りに行った。

00年台前半はデジタルカメラの黎明期で、パナソニックソニーオリンパスなどが次々と画素数の大きいカメラを市場に投入しており、僕もオリンパスの光学10倍ズームのC-700(オリンパス ニュースリリース: コンパクトなボディにF2.8-3.5の明るく高性能な光学式10倍ズームレンズ搭載 「CAMEDIA C-700 Ultra Zoom」)なんてのを使ってたり、スマートメディアなんていう記憶媒体に嫌気が差し、パナソニックのFZ-10(

デジタルカメラ DMC-FZ10 商品概要 | ムービー/カメラ | Panasonic

)なんてのを使ってたりした。懐かしくて涙出てくるな…スマートメディア32MBが3000円の時代ですよ…

 

鉄道撮影ほど機材の良し悪しに左右される分野も少ないのではと思う。というのも、「いい鉄道写真」というのは、①全編成がフレーム内に無理なく収まる②順光③架線柱など無駄な支障物がない といった諸条件が厳しく、自然と撮影場所、構図は限られる。そして相手にするのも人間や動物ではなく、鉄の塊である鉄道車両、ということで相手の表情を引き出すカメラマンのテクなんてものもない。いい鉄道写真というのは、上記の条件をクリアした上で、どれだけいい機材ならではの「パリッとした」感がでているかであり、結局は機材次第だと考えている。

話を戻すと、昔はそれこそ筋金入りの「鉄」だったわけだが、中2のときにバレーボール部に所属したことや、車にも興味を持ち始めたことで、鉄道好きではありつつも、写真撮影からは遠ざかった。だが、最近高崎地区からついに115系が駆逐されつつあるということで、群馬ならでは鉄道写真を撮りにに行くか!というのがきっかけである。

で、これである

f:id:Sideroad:20170311210620j:plainf:id:Sideroad:20170311213023j:plain

下手くそってレベルじゃねーぞ

f:id:Sideroad:20170311214356j:plain

とりあえず7君の写真も

いわゆる「イノシン」の撮影場所は線路が北東から南西に通っており、午前中でないときれいに順光で撮れず、また想定していたところは草が生い茂っておりとても撮影どころではなかったので適当に一本撮って退散した次第である。そもそも28-55mmのレンズでは準備不足もいいところだった。

久しぶりの撮影は散々な結果で前橋のNAPSで色々と物色、YAMAHAのステッカーほしいなぁと思いつつポイントカードもなかったので何も買わず退散。駐車場には何台かバイクがいて、シーズンの到来を感じる。そんなことを感じつつ時間つぶしでフクピカでホイールを磨く。そのあと利根川の河川敷でまた7君の写真を撮り、13時に敷島公園

今日は頑張って泳ぎ、1200mを20分(50s/50m)のペース。悪くない。

その後は一旦家に帰り、GoProをヘルメットにマウント。トラスコのM5ねじが全く噛まない。Amazonのレビューでこき下ろしておく。500円無駄にした。取っ手付きのネジでとりあえず代用し、藤岡方面へ。最初は上野村を抜け、下仁田まで行く予定だったが日もくれてきたので鬼石のセブンまで行って退散した。バイクもそこそこ走っており、シーズンインを感じる。

明日は何するかイマイチ考えてないが、ムダにしないようにしようと思う。朝から秩父あたり抜けてツーリングに行こうかな。

 

 

 

 

 

 

 

さて、書いてみるとするか。(今後の方向性など)

 

 

自己紹介

 

■略歴

都内の中高男子校→都内の大学→サラリーマンの27歳

■ブログ名の由来

Sideroad:いわゆる側道です。群馬県民なら知らないとモグリな関越道の側道から取りました。これについてはいつか詳しく書いていきたいと思います。

■趣味

大体趣味のことについて書いていくつもりです。

○バイク

就職で群馬県に来ると同時に普通自動二輪大型自動二輪と取得しました。

車種遍歴は新古車で買ったVTR250(事故廃車)→新車購入のMT-07です。

年間走行距離は5000km/年ほど。冬以外は結構乗ります。県内、長野県の日帰りツーリングが月イチほど、東北、北陸まで足を伸ばすような泊まりのツーリングを年3回ほど。バイク自体に乗ることよりも、いい景色を見ることが目的です。バイクは旅の道具。

f:id:Sideroad:20170309232241j:plain

○車

学生時代からよくレンタカーで旅行に行っていて、いわゆるドライブ好きです。友達と旅行に行くとハンドル握りたがるタイプ。いまはVW GOLFに乗っています

○水泳

大学2年ごろから始めました。だいたい10回/月、1.5km/回、くらい泳ぎます。いまは1500mを25分くらいですが、もっと早く22分くらいで泳げるようになりたいと思います。

○英語

大学受験では英語が得点源でしたが、いまはあまり勉強していないこともあり、TOEICのスコアは右肩下がり。社費留学を目指してTOEFLの勉強中ですが、いまは61点なので頑張って早く100点までに乗せたいところ。

■機材

PC: MacBookPro late 2016(Touch barなし)

カメラ:EOS Kiss degital X8i、GoPro HERO4 Silver Edition

 

こんなところでしょうか。ほぼ自己紹介ですが、ツーリングの旅行記とか残していきたいと思います。よろしく!